御陵印

神武天皇 畝傍山東北陵

※ 御陵印は93個

 桃山・月輪・畝傍・古市・多摩の各陵墓監区寺務所に保管されている。

 歴代では、124代となるが、重祚や合葬、近隣の陵と共有するものもあるため、93個となっている。

 北朝天皇は含まれない(合葬の場合は存在)。

○重祚
 三十五代 皇極天皇と三十七代 斉明天皇、及び、四十六代 孝謙天皇と四十八代 称徳天皇は同一人であるため、御陵印は各一つとなる。

○合葬陵

 ・檜隈大内陵
   四十代 天武天皇、四十一代 持統天皇

 ・深草北陵
   八十九代 後深草天皇、九十二代 伏見天皇、九十三代 後伏見天皇、百代 後小松天皇、
   百一代 称光天皇、百三代 後土御門天皇、百四代 後柏原天皇、百五代 後奈良天皇
   百六代 正親町天皇、百七代 後陽成天皇、北朝四代 後光厳天皇、北朝五代 後円融天皇

○共有

 ・円融寺北陵と後円教寺陵
   六十六代 一條天皇、七十三代 堀河天皇

 ・円乗寺陵と円教寺陵と円宗寺陵
   六十九代 後朱雀天皇、七十代 後冷泉天皇、七十一代 後三条天皇

 ・清閑寺陵と後清閑寺陵
   七十九代 六條天皇、八十代 高倉天皇

 ・大原陵
   八十二代 後鳥羽天皇、八十四代 順徳天皇

 ・嵯峨南陵と亀山陵
   八十八代 後嵯峨天皇、九十代 亀山天皇

 ・山國陵と後山國陵
   北朝初代 光厳天皇、百二代 後花園天皇

○共有と合葬

 ・月輪陵と後月輪陵
   八十七代 四條天皇、百八代 後水尾天皇、百九代 明正天皇、百十代 後光明天皇、
   百十一代 後西天皇、百十二代 霊元天皇、百十三代 東山天皇、百十四代 中御門天皇、
   百十五代 桜町天皇、百十六代 桃園天皇、百十七代 後桜町天皇、百十八代 後桃園天皇、
   百十九代 光格天皇、百二十代 仁孝天皇

inserted by FC2 system